30代のお悩み 原因とケア

30代は、この悩みを感じ始める女性が一気に増える年代です。
20代は、新陳代謝が活発で、メラニン色素をしっかりと排出してくれます。
しかし、30代になると、若いころの日焼けのダメージの蓄積がうまく排出されなくなり、出始めます。

また、仕事や家事、子育てに忙しくケアの時間がなかなか取れません。
さらに仕事や育児のストレス、妊娠、出産でホルモンバランスが乱れるなど、内部からも刺激が増えやすい時期です。

30代の悩みの原因

原因その① 代謝力の低下
30代半ばを過ぎたころから、疲れやすくなった、痩せにくくなったと感じることはありませんか。
それは全身の代謝機能が低下し始めたから。
細胞は、ある一定の周期でターンオーバー(生まれ変わり)を繰り返していますが、
30代になり、ターンオーバーが遅れ始めると、メラニンが排出されずに沈着するのです。

原因その② 女性ホルモンの分泌
女性ホルモンは、メラノサイトを活性化する作用があります。
特に肝斑(かんぱん・・頬骨に沿って左右対称にできる)は、女性ホルモンのバランスが影響しています。
肝斑は、女性ホルモンの分泌がもっとも盛んな30~40代、そして分泌が活性化する妊娠、出産の際にできやすいとされます。
肝斑の場合は、ホルモンバランスが影響するシミのため、通常のケアでは防ぐことができません。お医者様の診察を受け処方される、トラネキサム酸やビタミンCの内服が効果的です。

原因その③ 保湿力の低下
30代を過ぎると、ハリや潤いを保つコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドの量が低下し、乾燥しやすくなります。
乾燥するとバリア機能が弱まり、太陽光線などの外的刺激の影響を受け、できやすくなります。
すると角質がスムーズに剥がれ落ちずに厚く硬くなっていき、ターンオーバーも遅れがちに。
透明感もなくなってしまいます。

30代の対策ポイントは3つ!

対策その① UVケアはしっかり

すでにあるものだけでなく、これからのためにも、UVケアは今まで以上にしっかりと行いましょう。
今あるものは薄くても、太陽光線に刺激されることで、どんどん濃くなってしまいます。
乳幼児期の子供をもつ人も多い30代の方は、公園などで遊ぶ時間も長くなってきますので、
日焼け止めをしっかり塗って外出しましょう。

対策その② 保湿ケアを十分に

乾燥を放置せず、保湿ケアを十分に行いましょう。
潤いがあればバリア機能が働いて、太陽光線などの外的ダメージからしっかりと守ってくれます。
ターンオーバーも正常に働きやすくなり、メラニンの排出を促します。
また、潤っているならそれだけで透明感が増したように見えます。

対策その③ お悩みに適した化粧品を取り入れる

30代からは、化粧品で本格的なケアを始めましょう。
乾燥して角質層が厚くなっていると、せっかくの成分が浸透してくれませんので、まずは保湿化粧水などで保湿をしてから化粧品を使用しましょう。

30代は、基礎代謝が低下しはじめる年代です。
栄養バランスの良い食生活とウォーキングなどの適度な運動で基礎代謝をアップさせ、身体のなかから、ターンオーバーの周期を整えましょう。


比較表

商品

王妃の白珠

王妃の白珠
チュラコス株式会社

スノーライトEX

スノーライトEX
株式会社ヴィトワ

メイミーホワイト60

メイミーホワイト60
㈱北の達人コーポレーション

ミエル・ド・アンジェ

ミエル・ド・アンジェ
株式会社OneSelf

グレースアイコ 炭酸ジェルパック

グレースアイコ 炭酸ジェルパック
ジャパンコスメ株式会社
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細
定期価格割引額 4126円 割引 1440円 割引 477円 割引 3046円 割引 4700円 割引
割引率 43% 20% 10% 29% 32%
自然素材 沖縄くちゃ他12種 2種 植物由来8種 6種 6種
無添加 3種 4種 記載なし 記載なし 記載なし
手軽さ 塗って洗い流すだけ 塗って洗い流すだけ 塗って洗い流すだけ 塗って洗い流すだけ 混ぜる作業が必要
品質管理 ISO 9001取得
国内生産
記載なし 記載なし 記載なし GMP認定工場
国内生産
返品保証 あり(30日) あり(30日) あり(25日) なし なし